メニュー

硬いカラダのリスクと弊害 - フィットネス&スパVIVA板宿-リラックス施設充実のジム

スタッフコラム

硬いカラダのリスクと弊害

こんにちは!土曜日担当の松比良です。

 

よりいっそ暑さが厳しくなって

きましたね。

 

本日から盆休みという方もいると

思います。

 

連休がある人、ない人ともに暑さ

には気を付けて日々を過ごして

ください。

 

それでは、内容に入っていきます。

 

本日は、柔軟性についてのお話を

少ししていきます。

 

カラダが硬いという人は多くいると

思います。

 

しかし、なかなかストレッチを

頑張って行っている人はいません。

 

それは、カラダへの影響をあまり感じて

いないからだと思います。

 

困っていないからしないというのは

なんとなく分かる気もしますが、

痛みやコリなどを感じている人でも

ストレッチをしていないという人も

多くいますね。

 

カラダへの弊害が出ているのであれば

絶対にしないといけないですし、あまり

感じていない人でもすでに感じていない

ところで弊害があったり、起こるリスク

があったりします。

 

どのような弊害やリスクがあるかというと、、、

 

●関節可動域が小さくなる

●筋肉が衰える

●血行が悪くなる

 

これがカラダが硬い方のデメリットです。

 

このデメリットによって起きるのが

カラダへの二次弊害になります。

 

●カラダに痛みが出る

●姿勢が悪くなる

●基礎代謝が落ちて太りやすくなる

●疲れが溜まりやすくなる

●けがをしやすくなる

 

このようにカラダが硬いことで

起きている弊害はたくさんありますね。

 

上記の弊害の中でも1つは当てはまる

人がいるのではないでしょうか?

 

それは、カラダが硬いことが原因

しているかもしれません。

 

やはり、カラダにおいて柔軟性は

とても重要な要素になりますので

できるだけ硬くないカラダを作る

ようにしていください。

 

そのためには、ストレッチをすること

に尽きるので頑張って行っていきましょう!

 

それでは、次回もお楽しみに。

Copyright ©フィットネス&スパ VIVA板宿 All Rights Reserved.